スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひろ さちやの「空海」を読む

今回はひろさちやの「空海」を読む、をご紹介します。

世間というモノにもまれて、はや40数年、未だに迷走している私なのですが、

先人や偉人の書物などに触れては、一歩進んだ様な気になり

また、一歩下がる様な人生を歩んでいます。

何も持たないで迷走するよりは、何かしらの道しるべや地図を持ちたいと思いまして

今のところ、それを探すのに

『人類やその歴史や歴史上の色んな分野の偉人や世界の民族と考え方etc......』

それらの本を浅く広く読んでいるのですが、その中で最も興味のある分野の中のひとつに

スピリチュアルや宗教があります。

色んな宗教を理解することは、先に書いた

『人類やその歴史や歴史上の色んな分野の偉人世界の民族と考え方etc......』

を総合的に理解できる様な気がします。

そして、人生の地図を発見できればと思います。

ひろ さちやさんの解説されている仏教の考え方は、

というのは、仏教の書物は、ひろさちやの「空海」を読むが初めてですから、比べるものがないのですが

現在の世の中の常識に囚われては、いけない。

見るものすべて、感じることすべて決まったモノサシでは、測れない

というものです。

それと、やはり大きく心が動かされるのは、人生は、一回きりではなく

たいがいは、生まれ変わるという思想です。

もし、人生が一回だけで『オギャー』と生まれ大人になり年老いて死んで終わりであれば

限られた時間や限られた物を自分の物にする事にだけ幸せを感じるのでは、ないでしょうか?

短い人生の限られた時間に他人を垣間見る余裕すらなくなり

お金を効率よく、集める方法を考えて、高価な物をショッピングして、世界旅行に行って

価値(お金持ちや権力やコネクションのある人)のある人とできるだけ知り合いになる。

人があまり行けない価値のあるお店にいったり

おいしければいいし、気持ちよければいい、そういう贅沢を限られた時間にたくさん味わうこと

これらが簡単にできる人が、幸せな人でそれに向けて他人を押しのけてでも邁進します。

ですが、何度も修行しに人間は、生まれ変わるという思想のもとでは、

先ほどの他人を押しのけてでも・・・・・・・・・が180度変わってしまいます。

先ほどの他人を垣間見る余裕すらなくなり・・・・・・・・が180度変わってしまいます。

それこそ、他人を受け入れ、色んな考え方を理解し、壮大な宇宙の真理を獲得することが

幸せになります。

でないと、何度も苦行を強いられる状況に生まれてしまいます。

その考え方でいくと、なるほど現在の世間や人のモノサシは、狂っています。

それと、いちいちこだわれません。仏教の考え方では、思い通りにならない事が、苦悩だと言う事です。

思い通りにならない原因の多くは、こだわりとこうでなければというモノサシです。

私が、このひろさちやの「空海」を読むを読んで

また、空海と密教

最澄との比較とひろ さちやさんの仏道の考え方を見た場合

宇宙の真理により近づくためにそれこそ、私も他人も家族も一生では、なく何生も繰り返し

人生を送るのであれば、それを想定して(今までは、70年分くらいしか想定していませんでした)

みると、こだわりやモノサシそのものが、無くなってしまい

すべてが虚空になてしまいます。

次の人生に持っていけるおみやげは、何か?と考えた場合

社会的な地位や名誉、財産などでは、無く 自分自身の宇宙の真理へのレベルアップです。


みなさんも人生の地図になりそうなひろさちやの「空海」を読むを読んで見て下さい。

ひろさちやの「空海」を読むひろさちやの「空海」を読む
(2003/11)
ひろ さちや

商品詳細を見る





スポンサーサイト

theme : **本の紹介**
genre : 本・雑誌

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム
連絡先

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。